金融緩和政策とは

現代の世界では経済が非常に発達しており、あらゆるモノにたいして経済が関係してくるようになっています。 そしてそうした経済を制御するためのモノとして役割を担っているのが「金融」と呼ばれるものです。

金融とは多くの資金を持っている側が、資金を要求する側に対して資金を融通し、全体的な経済バランスを保つというものです。 身近なところでは銀行などの金融機関がこれを行っていますが、それの大まかな方針を決定するのは日本国内の「政策」です。 そして政策は金融に絡んでくることも多くあります。

金融に絡む政策としてよく話題になるのが「金融緩和政策」と呼ばれるものです。 ではこれはどういったものなのかというと、基本的には「市場の中に多くの貨幣が流通するように方針を変更し、経済を活発化させる」というものになります。

市場に貨幣が多く流通すれば、先に挙げた「多くの資金を持っている側」が資金を貸しやすい状況が作られます。 緩和政策によって不況などで体力を失っている企業などに対して貨幣を融通させやすい環境を構築し、景気の好転を目指すというのが大まかな狙いになります。

では実際にこの緩和政策は、方法としてはどういった形で行われることになるのかというと、古くから行われていた方法が「政策金利引き下げ」と呼ばれるものです。 この金利は中央銀行、日本でいえば日本銀行がそれぞれの民間銀行に対して資金の貸し付けを行う際に設定される利率のことですが、この利率が下がるほど銀行は国からお金を借りやすくなります。

銀行は経済において特に「多くの資金を持っている側」に立ちやすい存在ですから、銀行がお金を借りやすい状態になったのであれば、企業への融資も増加して、景気の好転を目指すことができるようになるのです。

しかしこの方式には問題があります。それは何かというと「金利はマイナスにできない」ということです。 金利をマイナスにできないということは当然のことなのですが、現代の日本では「ゼロ金利政策」と呼ばれるものが行われています。 つまり日本ではこれ以上金利引き下げを行うことができないのです。

ではどうしようもないのかというと、金利引き下げに代わって行われることとなるのが「量的緩和政策」と呼ばれるものです。 これは金利を下げることができない状態、もしくは金利を下げたくないという状態において政府や中央銀行が「国債を買い入れる」という方法で貨幣の流通量を増やすものになります。

国債を政府や中央銀行が買い入れを行えば、買い入れが行われた分だけの貨幣が市場に流通することとなり、金利引き下げとほぼ同一の効果を期待できるようになるのです。 これらの政策とその意味、目的については金融を見ていくうえでは必ず理解する必要がありますので、名前を見ただけでそれがどういったものなのか把握できるようにしておきましょう。

参考にしたサイト

パンフレットデザインから作成まで
セブンブルックスはデザイン制作全般を行う会社です

育毛剤を使う女性のために
女性が使いたいと思う商品を紹介!

カーテンは通販でかしこくお買い物
その場で窓を測りながら探せるので便利

鍵屋は家や車の鍵だけじゃないんです
カバンやデスク等の身の回りの鍵も開錠いたします

オーディオ買取でジャンク品もお宝に?
現在は使用できなくても修理可能であれば買取可能です!

このページのトップへ